スズキ新型「GSR250S」GSR250のハーフカウルモデル 492,480円(2015年1月26日発売)

ハーフカウルを装備したロード・スポーツ・バイク「GSR250S」カラー&グラフィックを変更して発売

スズキ株式会社は、精悍で存在感のあるスタイリングと扱いやすいエンジン特性を特長とするロード・スポーツ・バイク「GSR250」のハーフカウル仕様「GSR250S」を一部変更して1月26日(月)より発売する。

「GSR250S」は、街乗りからツーリングまで幅広く使えるバイクとして好評を得ている「GSR250」に、高い防風効果を発揮するハーフカウルを装備。

また、ハンドル形状と位置の変更により高速走行や長距離ツーリング等における防風性や快適性を高めている。

車体色は、青「トリトンブルーメタリック」、黒「パールネブラーブラック」の2色を設定。

ハンドル形状を変更し、「GSR250」と比べ、高く手前の位置に変更することで、高速走行や長距離ツーリング等でより快適な、前傾の少ない乗車姿勢を実現している。

SUZUKI プレスリリースより

20150126_GSR250S_3184.jpg
20150126_GSR250S_3181.jpg

エンジン型式
J509
水冷4ストローク2気筒SOHC2バルブ

商品名
GSR250S(GSR250SL5)

メーカー希望小売価格
492,480円(消費税抜き 456,000円)

発売日
2015年1月26日

車体色
2色:トリトンブルーメタリック(6CX)、パールネブラーブラック(YAY)
関連記事

最新記事

スポンサードリンク

オススメ

公式facebook

公式Google+

アクセスランキング