スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW新型「BMW R 1200 R」2015年3月6日販売 1,690,000円 伝統のボクサー・ロードスター

ボクサー・エンジン搭載のロードスターは、1923年に登場した「BMW R32(アール・サンニー)」以来、90年以上に渡ってBMW Motorradファンを魅了し続けている。

今回発表のニューBMW R 1200 Rは、ダイナミックで迫力あるロードスター・デザインと、ダイナミックな走行性能に加え、長距離ツーリングにおける優れた走行快適性といったボクサー・ロードスターの伝統的な特徴を高次元で融合したニューモデルである。

ニューBMW R 1200 Rに搭載されるボクサー・エンジンは、最高出力92kW(125ps)/7,750rpm、最大トルク125Nm/6,500rpmの圧倒的なパワーを発揮し、先代モデルとの比較において全回転域に渡ってトルクを向上している。

排気ガスは2-in-1タイプのエグゾースト・システムを通り、ダイナミックに角度が付けられたリヤ・サイレンサーから排出される。

また、モデファイされたエアボックス、新形状のインテーク・シュノーケル、中央に配置されたラジエーターにより、ロードスター・モデルのこだわりであるスレンダーなフロント・シルエットを実現している。


150202_17.jpg
150202_18.jpg
150202_19.jpg
150202_20.jpg
150202_21.jpg

モデル
ニューBMW R 1200 R

エンジン
1,169 cc空水冷式
水平対向2気筒エンジンDOHC
92kW(125ps)/7,750rpm
125Nm/6,500rpm


トランスミッション
6速

希望小売価格
1,690,000円

150202_22.jpg
150202_23.jpg
150202_24.jpg
150202_25.jpg
150202_26.jpg

「ライディングモードPRO」の標準装備により、合計4種類の走行モードの選択が可能。走行条件にあわせて車両の緻密なセットアップが可能に。

ライダーの個人的なニーズに適合させるため、ニューBMW R 1200 Rは、「レイン」、「ロード」の走行モードに加え、「ライディングモードPro」を標準装備とし「ダイナミック」と「ユーザー」のさらに2つの走行モードが選択可能である。

また、ABSの他に、「ASC(オートマチック・スタビリティ・コントロール)」、リーン・アングル・センサー付きの「ダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)」の採用により、優れた走行安全性を実現している。

さらに、クラッチ操作なしに瞬時にシフトアップ/シフトダウンができる「ギアシフト・アシスタントPro」も標準装備する。

プレスリリースより
関連記事

最新記事

スポンサードリンク

オススメ

公式facebook

公式Google+

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。