スズキ新型「GSR750 ABS」“アグレッシブ・ストリートファイター”マイナーチェンジ 969,840円(2月18日発売)

斬新なスタイリングと爽快な走りを特長とした大型ロード・スポーツ・バイク
「GSR750 ABS」一部変更設定して発売


スズキ株式会社は、斬新なスタイリングと爽快な走りを特長とする大型ロード・スポーツ・バイク「GSR750 ABS」の一部変更設定して、2月18日(水)より発売する。

「GSR750 ABS」は、ハンドル、ステップを自然な乗車姿勢に適した位置に設定し、213kgと軽量な車体は取り回し性にも配慮した。

エンジンは高性能スポーツバイク「GSX-R750」用をベースに、街乗りで多用する中低速域を扱いやすく設定し、街中やワインディングロードでの爽快な走りを楽しめるモデルである。

SUZUKI プレスリリースより

▼GSR750 ABS (GSR750AL5)
パールグレッシャーホワイト(AJX)
GSR750ABS004.jpg
GSR750ABS003.jpg

▼GSR750 ABS (GSR750AL5)
マットブラックメタリックNo.2 (YKV)
GSR750ABS002.jpg
GSR750ABS001.jpg

■名称
GSR750 ABS (GSR750AL5)

■発売日
2015年2月18日

■メーカー希望小売価格(税込み)
969,840円
(消費税抜き898,000円)
※価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う費用は含まれない。

■カラー
・パールグレッシャーホワイト(AJX)
・マットブラックメタリックNo.2 (YKV)

■主な変更点
・ハンドルバーの色をマットシルバーに変更。
・車体色白のホイール色をブラックに変更。
・車体色黒の「GSR」ロゴ色をグレーに変更。

■主な機能と装備
・ヘッドライトの左右両端に、特徴的な形状のブルーインナーレンズを採用したポジションランプを配置。
・海外仕様車と同一の出力特性とし、市街地での扱いやすさと高い加速力を実現。
・ライダーのブレーキ操作を一定範囲内で補助する電子制御式ABSを標準装備。
・メーターパネルには、アナログ式タコメーターと白色LED照明の大型液晶パネルを採用。
・大型液晶パネルはスピードメーター、ギヤポジションインジケーター、燃料計、時計等を常時表示し、さらに燃費計やトリップメーター等を選択表示する機能を採用。
関連記事

最新記事

スポンサードリンク

オススメ

公式facebook

公式Google+

アクセスランキング