KTM新型「1290スーパーデュークR」2015年モデル V型2気筒エンジン搭載 1,890,000円

2015年モデル 1290 SUPER DUKE Rを発売開始


スーパーネイキッドとして、デビュー以来大きな注目を浴びているKTM 1290 SUPER DUKE Rだが、その2015年モデルの発表/発売が早々に開始された。

KTMのストリートモデルは、例年3月頃に発表/発売開始となるが、大好評となっている1290 SUPER DUKE Rは、市場のタマ薄状態を解消するために、2015年モデルの導入時期を繰り上げ、同社他モデルに先行する形となった。


1,301ccというクラス最大級のエンジン搭載で、その圧倒的なパフォーマンスはKTMらしいエッジな乗り味も失わせてはいない。

KTMとしては当たり前である「軽さ」に関するこだわりは、1290 SUPER DUKE Rでも随所に反映されており、それはまたがった瞬間から誰もが感じ取れる恩恵として、注目したいポイントだ。

KTM 1290 SUPER DUKE R は2014年度グッドデザイン賞も受賞。

欧州でも多くの専門誌から高く評価されているが、日本国内でもオートバイ専門誌「MOTO NAVI」誌の『2014年度モーターサイクル・オブ・ザ・イヤー』に選ばれるなど、極めて高い評価を得ている。

リリースより

20150206_news_kt01.jpg

■エンジン形式
水冷4サイクルDOHC4バルブV型2気筒

■総排気量
1,301cc

■最高出力
132kw/8,870rpm

■最大トルク
144Nm/6,500rpm

■装備重量
189kg(燃料含まず)

■メーカー希望小売価格(税8%込み)
1,890,000円
関連記事

最新記事

スポンサードリンク

オススメ

公式facebook

公式Google+

アクセスランキング