KTM新型「RC250・250デューク」2015年6月発売 東京モーターサイクルショー

TOKYO モーターサイクルショーにてワールドプレミアモデル2台を発表!
KTM 2015 ストリートモデルが出揃う


東京ビッグサイトにて開催された第43回TOKYO モーターサイクルショーにて、KTMよりワールドプレミアとして2台のモデルが発表された。

RC250と250DUKE、ともに日本で盛り上がりを見せる250ccクラスに投入されたスポーツモーターサイクルで、DOHC4 バルブ単気筒エンジンを搭載したライトウエイトスポーツという共通項を持ちながら、異なる乗り味でそれぞれに独立した面白さを体感できる。

RC250は、KTMスーパースポーツモデルの一員として、高感度なスポーツライディングが可能なサスセッティング、コントロール性を考慮したポジション、シャープなスタイリングとユーティリティ性の両立を実現したシートを装備し、コンパクトな車体で、体格を問わず男性から女性まで幅広い層が楽しめる作りを持つ。

250DUKEは、大人気のスポーツネイキッドシリーズの一員として、活発な運動性はそのままに軽量な車体を小気味よく加速させる、優れたパワーウェイトレシオを持つ。

アップライトなポジションと豊かなストロークを確保したサスペンションで、普段使いからツーリングまで用途を問わず、気持ちのいい走りを楽しむことが可能だ。

先日発表のADVENTUREシリーズに追加された2台とともに、ストリートモデルのさらなる充実化を図るKTM。

今回のTOKYOモーターサイクルショーでの発表で、2015年ストリートモデルのラインナップがリフレッシュされたことになる。


▼RC250
20150330_news_kt01.jpg
▼250デューク
20150330_news_kt02.jpg


RC 250
日本で重要なマーケット=250ccクラスに投入する、KTMのスーパースポーツモデル

メーカー希望小売価格(税8%込み)/620,000円
・最高出力/23kW (31.3hp)9,000rpm
・最大トルク/24Nm 7,250rpm
・スリッパ―クラッチ標準装備
・クラストップのパワーウェイトレシオ
・2015年6月発売予定


250 DUKE
軽量な単体重量を持つシングルシリンダーエンジン搭載の、250ccスポーツネイキッド

メーカー希望小売価格(税8%込み)/550,000円
・最高出力/23kW (31.3hp)9,000rpm
・最大トルク/24Nm 7,250rpm
・スリッパ―クラッチ標準装備
・新型ジェネレーター採用(RCタイプ)
・スロットル開度を77度に。より積極的に車体を操る楽しさを演出。
関連記事

最新記事

スポンサードリンク

オススメ

公式facebook

公式Google+

アクセスランキング