ドゥカティ新型「ディアベル・チタニウム」500台限定リミテッド・エディション 2015年7月導入予定

●ディアベル・チタニウムは、ボローニャの情熱から生まれ、スタイル、エクセレンス、クラフトマンシップを融合したスペシャル・バージョン
●チタニウム、カーボンファイバー、最高品質の仕上げに加え、専用デザインを採用
●500台限定のリミテッド・エディションは、スペシャル・バージョンの製作および最高レベルのカスタマイゼーションに対するドゥカティの取組みを強調

昨年11月に開催されたEICMA(ミラノショー)で発表され、大きな注目を集めた500台限定のリミテッド・エディション、ディアベル・チタニウムの生産が順調に行われています。

最初のモーターサイクルは、このドゥカティ製スペシャル・バージョンの到着を待ち望む熱狂的なファンに向け、ドゥカティ・ストアに随時出荷されていきます。


このディアベルの大きな特徴は、高い強度と軽量性を両立させたチタニウムを採用している点です。

チタニウム製の堂々としたタンクカバー(サイドおよびセンター)とヘッドランプ・カバーには、専用のストライプが設置され、さらに化学的なサテン処理が施されて、見る角度によって色の陰影がさまざまに変化します。

ディアベル・チタニウム用にデザインが見直され、幅広くなったパッセンジャーシート・カバーは、チタニウムとカーボンファイバーを組み合わせています。


カーボンファイバーは、新たにデザインされ、よりワイドでパワフルなイメージになったエアインテークにも採用され、さらにシャープでアグレッシブな印象を演出しています。

ラジエーター・カバー、マイクロスクリーン、フロントおよびリヤ・マッドガード、フロントスプロケット・カバー、フィラーキャップ・カバーもカーボンファイバー製です。


シートには、両サイドにレザーインサートを備えた手縫いのアルカンターラが採用され、エクスクルーシブな装備を次のレベルへと引き上げています。ダーク・クローム仕上げのフレームがディアベルの美しいラインを強調する一方で、ハイグレードなマットブラック・セラミック・コーティングが施されたエグゾースト・パイプは、ディアベル・チタニウムのスタイリング上のキー・ポイントとなっています。

さらに、ディアベル・チタニウム専用にデザインされ、アルミニウムを露出させたマシン仕上げの鍛造ホイールが、このスペシャル・エディションのスタイルを完成の域にまで高めています。


DIAVEL-TITANIUM_01.jpg
DIAVEL-TITANIUM_02.jpg
DIAVEL-TITANIUM_03.jpg
DIAVEL-TITANIUM_04.jpg


DiavelTitanium日本公道仕様

■カラー
チタニウム、ダーククロームフレーム、ブラックホイール

■日本公道仕様エンジン諸元
・最高出力:112hp-82.0kW/6,500rpm(日本公道仕様)
・最大トルク:12.5kgm-117.0Nm/6,250rpm(日本公道仕様)
・日本仕様シート高:750mm(ローシートを標準装着)

■希望小売価格及び発売予定時期
・バージョン:DiavelTitanium
・希望小売価格(8%税込):3,349,000円
・導入予定時期:2015年7月導入予定
関連記事

最新記事

スポンサードリンク

オススメ

公式facebook

公式Google+

アクセスランキング