スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダ新型「MotoGPマシン RC213V」公道仕様を発売 国内向け7月13日開始 2190万円

900633.jpg

ホンダは、999cc V4エンジンを搭載するMotoGPマシン『RC213V』の一部仕様を変更し、公道走行可能とした『RC213V-S』の商談受付を7月13日より開始する。

RC213V-Sは、RC213Vの徹底したマス集中化とフリクション低減や、構成部品の軽量化と加工精度、製作時の高い技能など、MotoGPマシンとしての特徴をすべて踏襲し、併せてその制御技術も搭載した。

RC213Vからの主な相違点は、ニュウマチックバルブのコイルスプリング式への変更、シームレストランスミッションのコンベンショナル方式への変更。公道走行に必要な燈火類などの装備、またブレーキパッドやディスクを変更したほか、ハンドル切れ角を15度から26度に拡大している。

最高出力は欧州仕様と豪州仕様が159ps、フランス仕様が102ps、米国仕様が101ps、日本仕様は70psに抑えられる。

価格は、
欧州向け 18万8000ユーロ(約2616万円)
日本向け 2190万円
豪州向け 24万4000豪ドル(約2333万円)
米国向け 18万4000米ドル(約2267万円)


別途、ハイスピード走行を実現する「スポーツ・キット」をクローズドコース向けに設定する。

http://response.jp/article/2015/06/11/253211.html
関連記事

最新記事

スポンサードリンク

オススメ

公式facebook

公式Google+

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。