BMW新型「S1000XR」アドベンチャー・スポーツ 並列4気筒エンジン搭載 8/21発売

アドベンチャー・スポーツ・バイク「ニューBMW S1000XR」誕生
ツーリング、スポーツ、ラフロードなど、あらゆる状況に順応可能な機能的デザイン。
BMW S1000RRの革新的テクノロジーとGSシリーズの多用途性を融合。


ビー・エム・ダブリュー株式会社は、スーパー・スポーツS 1000 RRの革新的テクノロジーと、BMW Motorrad GSシリーズで培ったツーリング性能を融合したアドベンチャー・スポーツ・バイクとして、「ニューBMW S1000XR (エス・セン・エックス・アール)」を、全国のBMW Motorrad正規ディーラーにおいて、2015年8月21日(金)より販売開始すると発表した。

ニューBMW S 1000 XRは、スーパー・スポーツのS1000RRおよびHP4、ロードスターのS1000Rに続く、並列4気筒高性能エンジン搭載シリーズの4つ目のバリエーションとして誕生した。革新的技術、走行性能と安全性を高度に実現したS シリーズに、ダイナミックなツーリング性能、ハイレベルな快適性と卓越した機動性を融合させ、新しく創出された“アドベンチャー・スポーツ”カテゴリーのモデルである。

新カテゴリーに相応しい、迫力ある並列4気筒エンジン。
ニューBMW S1000XRが備える排気量999ccの並列4気筒エンジンは、ロードスターのS1000R用と共通です。エンジン出力はXRの特性に合わせ、最高出力118kW(160ps)/11,000rpm(日本仕様)、最大トルク112 Nm/9,250rpmを発揮する。本格的スーパー・スポーツであるS1000RR用のショートストローク高回転型パワーユニットをベースに、荷物やパセンジャーを搭載した日常走行から積極的なスポーツ・ライドに至る、様々な状況に対応可能なセットアップを施し、低/中回転域のトルクを大幅に強化している。

利用可能なエンジン最高回転数は12,000rpmに及び、とりわけ7,500rpm以下での鋭いレスポンスが特徴である。さらに日本仕様はスロットルやクラッチの操作なしにシフトチェンジ可能なギアシフトアシストPRO、巡航時の速度維持が可能なクルーズコントロールを標準装備している。

20150716_news_bmw01.jpg
20150716_news_bmw02.jpg
20150716_news_bmw03.jpg
20150716_news_bmw04.jpg
20150716_news_bmw05.jpg
20150716_news_bmw06.jpg
20150716_news_bmw07.jpg
20150716_news_bmw08.jpg
20150716_news_bmw11.jpg
20150716_news_bmw09.jpg

■モデル/BMW S1000XR Premium Line
■エンジン/
 999 cc DOHC 水冷式並列4 気筒エンジン
 118 kW(160ps)/11,000rpm
 112Nm/9,250 rpm
■トランスミッション/6速
■車両重量/228kg
■メーカー希望小売価格/2,095,000円(8%消費税込み)
関連記事

最新記事

スポンサードリンク

オススメ

公式facebook

公式Google+

アクセスランキング