ホンダ新型「CRF1000L Africa Twin」アフリカツイン 2015年末欧州で発売予定

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、2015年末に欧州で発売を予定している「CRF1000L Africa Twin」の技術概要を発表した。

CRF1000L Africa Twinは、「どこへでも行ける」をコンセプトに、「True Adventure:真の冒険」に向けた究極の装備を持つモデルとして開発された。

軽量・コンパクトな998ccエンジンが採用され、安定した走行と機敏性を両立した車体と足回りを実現。また、Hondaの独自技術である二輪車用DCT搭載車がタイプ設定されており、これによってオフロード走行時に重要となるマシンコントロールが容易になる。

車体色はダカールラリー参戦マシン「CRF450 RALLY」のカラーをまとった"CRF ラリー"をはじめ、トリコロール、シルバー、ブラックの全4種類が予定されており、スタンダードモデルで12,100ユーロでの販売が予定されている。

CRF1000L Africa Twinは、欧州での発売後、北米や日本などでの販売が計画されている。

▼CRF1000L Africa Twin DCTタイプ
150724_29.jpg
150724_28.jpg
150724_30.jpg
150724_31.jpg
150724_32.jpg
150724_33.jpg
150724_34.jpg
150724_35.jpg
▼CRF1000L Africa Twin ABSタイプ
150724_36.jpg
150724_37.jpg
150724_38.jpg
▼CRF1000L Africa Twin イメージ
150724_39.jpg
150724_40.jpg

参照サイト
関連記事

最新記事

スポンサードリンク

オススメ

公式facebook

公式Google+

アクセスランキング