カワサキ新型「Z250SL」437,400円(3月15日発売)Ninja 250SLに兄弟モデル

20160315_Z250SL_BR250EGF_GRN_sltl.jpg
20160315_Z250SL_BR250EGF_BLU_lhl.jpg

Ninja 250SLに兄弟モデル、スーパーネイキッド版の「Z250SL」を発売

モデル情報
車名(通称名) Z250SL
モデルイヤー 2016
マーケットコード BR250EGF
型式 JBK-BR250E
発売予定日 2016年3月15日
型式指定・認定番号 II-341
メーカー希望小売価格 437,400円
(本体価格405,000円、消費税32,400円)
キャンディプラズマブルー×メタリックスパークブラック(BLU)、キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック(GRN)

※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※価格には保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う諸費用は含まれません。
※当モデルは川崎重工業株式会社の海外工場Kawasaki Motors Enterprise(Thailand)Co.,Ltd(KMT)で日本向けに生産された車両です。

【Z250SL】
カワサキ、Zシリーズに軽量、スリム、コンパクトなスーパーネイキッド、Z250SLが新登場。気負わずカジュアルに走りを楽しめる都市型コミューターとして優れた性能と快適性を持ち合わせています。スリムでコンパクトなトレリスフレームに搭載しているパワーユニットは、Ninja 250SL同様力強い低中速回転域と心地よいピックアップ特性。高速回転域での鋭い反応が特徴のピークまで心地よく伸びるエンジンキャラクターです。フラットでワイドなハンドルバーやスリムで独特なシルエットのフューエルタンク、スポーティな一灯式ヘッドライトやテールカウルは、Zのアイデンティティを継承するアグレッシブなデザイン。また、軽快なハンドリングと高い路面追従性を可能とするインナーチューブ径φ37mmのフロントフォークとユニトラックリヤサスペンションを装備。スタイリッシュな外観に加え高いスポーツ性能を発揮します。

■主な特長
・Zシリーズから受け継がれたアグレッシブなボディワーク
・軽快で俊敏なハンドリングを可能とする軽量、スリム、コンパクトなオリジナルのトレリスフレーム
・「スリムなパッケージ」「フラットでワイドなハンドルバー」がおりなす軽快感とカジュアルなルックス
・アグレッシブで軽快感のあるシングルバルブ式ヘッドライト
・スリム化に貢献するシャープなシュラウド
・放熱性に優れたスポーティなペタルディスクブレーキ
・安定したライディングに貢献するインナーチューブ径φ37mmテレスコピックフロントフォーク
 
■オプションパーツ
好みに合わせカスタムシート、エンジンスライダー等でZ250SLをさらにカジュアルで扱い易く。
*発売予定品
・シングルシートカバー
・エンジンスライダー
・ETC車載器キット
・タンクパッド
・リムストライプ
・スマートバッグ
・パネルアッシ
・カスタムシート
・カーボンタンクパッド
・デカールキット
関連記事

最新記事

スポンサードリンク

オススメ

公式facebook

公式Google+

アクセスランキング