ヤマハ新型「FJR1300AS/FJR1300A」1,836,000円/1,512,000円 1,297cm3の水冷・直列4気筒エンジンを搭載(7月25日発売)

201670725_FJR1300AS_MS1_3.jpg
201670725_FJR1300AS_DNMN_4.jpg
201670725_FJR1300A_MS1_1.jpg
201670725_FJR1300A_DNMN_2.jpg

6 速ミッション、コーナリングランプ採用などで、さらにツーリング性能・スポーツ性を向上
「FJR1300AS/A」を大幅に刷新して発売


ヤマハ発動機株式会社は、1,297cm3の水冷・直列4気筒エンジンを搭載し、長距離ツアラー性能とスポーツ性を兼ね備え、スポーツツアラーとしての資質をさらに磨き上げた「FJR1300AS」および「FJR1300A」を2016年7月25日より発売します。

「FJR1300AS」「FJR1300A」は、ベテランライダーが“よりダイナミックに走りを楽しむためのパートナーとしての熟成”をポイントに開発しました。6速トランスミッション採用、ヘッドランプやテールランプまわりのデザイン一新など、より楽しく、より快適に走りを楽しむための新装備を織り込みました。

新たな特徴は、1)6速トランスミッション、2)A&Sクラッチ※1、3)立体感あるフロントビューとLEDヘッドランプ、4)コーナリングランプ※2、5)新デザインマルチファンクションメーターなどです。
なお、「FJR1300AS」は、標準モデル「FJR1300A」をベースに、クラッチ操作なしでシフトチェンジが可能なYCC-S(ヤマハ電子制御シフト)と電動調整サスペンションなどを採用した上級モデルです。
※1:「FJR1300A」のみ、※2:「FJR1300AS」のみ

<名称>
「FJR1300AS」、「FJR1300A」
 
<発売日>
2016年7月25日
 
<メーカー希望小売価格>
「FJR1300AS」1,836,000円(本体価格1,700,000円、消費税136,000円)
「FJR1300A」1,512,000円(本体価格1,400,000円、消費税112,000円)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。
 
<カラーリング>
「FJR1300AS」
・マットシルバー1(新色/マットシルバー)
・ダークグレーメタリックN(ダークグレー)
「FJR1300A」
・マットシルバー1(新色/マットシルバー)
・ダークグレーメタリックN(ダークグレー)
 
<販売計画>
300台(シリーズ合計/年間、国内)
※お問い合わせは、「ヤマハ発動機お客様相談室(フリーダイヤル0120-090-819)」。
主な変更点
1)セパレートドッグ構造、ヘリカルギア採用の6速トランスミッション
快適な高速巡航性のために、6速トランスミッションを新たに採用しました。現行の5速にプラスした6速ではなく、ギアごとに効率よく駆動力を引きだすギアレシオを設定、全域での滑らかな繋がり感を支えています。
このトランスミッションでは、当社モーターサイクル初となるセパレートドッグ構造を採用。ギアとドッグを別体としてギアの噛み合い姿勢を高精度で維持します。さらに、各ギアは従来のスパーギア(平歯車)に替えてヘリカルギア(斜歯車)を採用。平歯車に比べて噛合い率を十分に確保できることからコンパクト化が可能となっています。これらの特徴により現行サイズを維持しながら6速化を実現しています。また、6速化による部品増にもかかわらず軽量化も図っています。
 
2)A&Sクラッチの採用(「FJR1300A」のみ)
より快適なシフト操作を実現するため、アシストカムとスリッパーカムの2種のカムを設けたA&S(アシスト&スリッパー)クラッチを採用しました。クラッチレバーの操作荷重を低減するとともに、減速時の穏やかな車体挙動により市街地での軽快な走りに貢献しています。
 
3)立体感ある新デザインフロントビューと新型2眼ヘッドランプ、フルLED灯火器
カウル及びヘッドランプのアウターレンズの形状は継承しつつ、ヘッドランプのデザインを一新しました。「FJR1300AS」と「FJR1300A」ではそれぞれ異なるデザインアプローチにより、個性化を図っています。
新型2眼ヘッドランプは、片眼内にハイビーム・ロービームをそれぞれ受け持つLEDがあり、ロービームでは外側2灯、ハイビームでは内側2灯が追加点灯します。またリアコンビネーションランプ、ライセンスランプ、ポジションランプにもLEDを採用し、先進性と高級感を演出しました。
 
4)夜間のコーナーで、ライダー負担軽減を図るコーナリングランプ(「FJR1300AS」のみ)
ヤマハ初のコーナリングランプ(LED)を採用しました。走行中、バンク角に応じて、イン側前方を照射する“コーナリングランプ”が順次自動点灯し、照射エリアを広げることで、夜間走行でのライダーの負担軽減を図るものです。バンク角の検出は、搭載の「IMU」(Inertial Measurement Unit)の高速演算処理で行い、CAN通信による「コーナリングランプコントロールユニット」で作動する仕組みです。ロービーム、ハイビームいずれの場合も、浅いバンク角ではイン側のコーナリングランプの1個が点灯、バンクが深くなるにつれて2個目、3個目が追加点灯します。
 
5)新デザインのマルチファンクションメーター
3 連独立マルチファンクションメーターは、ガンメタの枠で囲むデザインとして、落ち着いた高級感を一層際立たせました。またメーターアッパーケース表面は低反射化処理を施しました。タコメーター盤面にはR シリーズ系を思わせるスポーティーな新作の専用フォントを採用しました。デジタル表示メーター液晶もアップデートし、液晶バー表示の燃料計はブロックバータイプに変更、みやすい表示となっています。
関連記事

最新記事

スポンサードリンク

オススメ

公式facebook

公式Google+

アクセスランキング