スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カワサキ新型「Ninja 650 KRT Edition」2018年モデル 829,440円(10月1日発売)

20171001_Ninja_650_KRT_Edition_EX650K_GN2DLS1CG_A.jpg
20171001_Ninja_650_KRT_Edition_EX650K_GN2DRF1CG_A.jpg


2018年モデル Ninja 650 KRT Edition 新発売

モデル情報

車名(通称名) Ninja 650 KRT Edition
モデルイヤー 2018
マーケットコード EX650KJFA
型式 2BL-ER650H
発売予定日 2017年10月1日
型式指定・認定番号 18550
メーカー希望小売価格 829,440円 (本体価格768,000円、消費税61,440円)
カラー(カラーコード) ライムグリーン×エボニー(GN2)
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※価格には保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う諸費用は含まれません。
※当モデルは川崎重工業株式会社の海外工場Kawasaki Motors Enterprise(Thailand) Co.,Ltd(KMT)で日本向けに生産された車両です。
※当モデルはABS装着車です。2018年モデルよりABS装着車はモデル名称から”ABS”を除いて表記させていただきます。

【Ninja 650 KRT Edition】
軽快且つエキサイティングな走りが楽しめるNinja 650 KRT Edition。シャープでアグレッシブなスタイルはNinjaシリーズを象徴するスポーティなイメージを創出します。今期モデルよりカラーリングを 一新。最高峰のレーシングマシンを彷彿とさせるグラフィックは、2018年ワールドスーパーバイク選手権シリーズ参戦予定のZX‐10RRをモチーフにしています。649ccパラレルツインエンジンは、低中速回転域で力強い加速とダイレクトなスロットルレスポンスを発揮。ビギナーからベテランまで幅広く親しみやすいマシンキャラクターとなっています。また、シャーシは軽量なフレームとスイングアームにより、俊敏なハンドリングを実現しました。扱いやすく、トルクフルなエンジン特性は、普段使いからツーリングまで様々なシチュエーションにおいてその真価を発揮します。

■スタンダードモデルからの変更点
・カラー&グラフィックの変更
 
■2017年モデルからの主な変更点
・カラー&グラフィックの変更
 
■その他
・実際のモデルにはリヤフェンダーにリフレクターは装着されておりません。
関連記事

最新記事

スポンサードリンク

オススメ

公式facebook

公式Google+

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。