スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥカティから新型モンスター「Monster 821」が2014年7月日本で発売開始!

02-Monster-821.jpg

ドゥカティから新型モンスター、「Monster 821」が今年7月から日本でも発売開始。「Monster1200」の弟分に当たる、第3世代モンスターのミッドサイズ・バージョンである。

エンジンはハイパーモタード系で採用された水冷L型2気筒DOHC4バルブ・デスモドロミック、通称「821テスタストレッタ11°」エンジンの最新版を搭載。112hpの最高出力と9.1kgmの最大トルク(ハイパーモタードは同110hpと9.1kgm)を実現、扱いやすさを重視した特性に仕上げられた。デザインは初代モンスター以来のミニマリズムとパフォーマンスを主張するイタリアンデザインを踏襲しつつもよりスタイリッシュに進化。重量は179.5kg(乾燥重量)とモンスター1200より2.5kg軽量化されている。

車体は1200とほぼ同様のコンポーネンツを使用。従来とはフレーム構造が一新され、ドゥカティ伝統の鋼管トレリスフレームは最小限となり、エンジン自体を剛性メンバーとして利用する方式となっている。マフラー取り出しは片側2本タイプとなり、かつての水冷モンスター「S4」シリーズを彷彿させるアグレッシブなスタイルが印象的。スイングアームが片持ち式の1200に対し、821は両持ちタイプとなっているのが外見上の違いだ。

ブレーキには1200同様、ブレンボ製ラジアルマウントキャリパーを採用。サスペンションも同様には倒立フォークとリンク式モノショックが採用されている。また、革新的なアジャスタブル・シートにより優れた快適性を実現しているという。
関連記事

最新記事

スポンサードリンク

オススメ

公式facebook

公式Google+

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。