新車KTM「RC 200」グローバルサイトで小排気量スーパースポーツを公式に発表

140905_17.jpg
140905_16.jpg
140905_15.jpg
140905_18.jpg

オーストリアのオートバイメーカーKTMが今週、スーパースポーツシリーズのRC 390を発表したことはお伝えしましたが、続いてRC 200も公式に発表されました。

http://www.ktm.com/supersport/rc-200/highlights.html

乾燥重量は、RC 390の147kgに対し、こちらは137.5kgで、最大出力は26hpです。
RC 390同様、9月末に発売開始されます(日本での発売時期は未発表)。
今回のニューモデル追加により、同社のスーパースポーツシリーズのラインナップは、フラッグシップの1190 RC8 Rを筆頭に、RC 125、RC 200、RC 390と充実したものになっています。

RC 200ほどのクオリティと洗練さ、スポーツとしてのポテンシャルを備えたフルカウルのスポーツバイクがこのセグメントに登場するのは初めてのことです。RC 200は最上のハイテクコンポーネントを贅沢に採用しており、競合する他車よりも優れたパワーウェイトレシオのパフォーマンスを誇っています。かつてないアジリティと驚くほどのリーン性能により、RC 200はどのようなレース状況であってもライバルをしのぐハンドリングとブレーキ性能を実現します。

200 DUKEはKTMにおける小排気量のストリートモデルで最も販売されたバイクとなりましたが、RC 200はこのエキサイティングで燃費の良いエンジンを同じエンジンを共有していながら、全く新しいシャシーを持ち、ライディングポジションとGPにインスパイアされたボティワークが与えられています。

このバイクは単にMoto3のレースに出場しているマシンと外観をそっくりにしただけではありません。過去の250cc4ストロークの世界選手権のチャンピオンを獲得し、今季もよい結果を出しているチームによってあなたの元へと届けられます。
関連記事

最新記事

スポンサードリンク

オススメ

公式facebook

公式Google+

アクセスランキング