スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマハ新車「YZF-R25」日本導入時期は2015年か

708302.jpg

ヤマハ発動機は、新型250ccスポーツモデル『YZF-R25』を7月からインドネシアで発売する。価格はインドネシアルピア換算で、およそ46万8000円。カラーは青×白、黒、赤×白の3色だが日本仕様は未定。

同モデルは、昨年11月の東京モーターショーで、コンセプトモデルがワールドプレミア。久々のヤマハ250ccスポーツモデルとして、登場が待たれていた。

ボディサイズは、全長2090×全幅720×全高1135mmで、シート高は780mm。「毎日乗れるスーパーバイク」をコンセプトに、スーパースポーツバイクらしいデザイン・スタイルを全面に押し出した。また、重量は166kg。

エンジンには、新開発の並列2気筒249cc水冷4サイクルDOHC4バルブエンジンを採用し、最高出力36ps/12000rpm、最大2.3kgm/10000rpmと、クラス最大の出力値を誇るのが特徴。放熱性に優れた、ヤマハ独自の「DiASil(ダイキャスト用アルミシリコン合金)」シリンダーも同社2気筒エンジンでは初めて採用されている。

R25の日本導入は、商品企画グループの松本泰介氏によれば、年内中を予定しているとのこと。そして同氏は「ぜひ若い人に乗っていただきたいモデルだ。R25を弊社のベーシックスポーツモデルとし、その後600cc、1000ccとステップアップしていただきたい」とコメント。続けて「弊社は若い人たちを取り込む活動を5年ほど行っている。これで、ようやく若い人たちに響く商品ができたと自負している」と述べた。

ちなみにヤマハのニューモデルは、R25以外にも『MT-07』、三輪の『トリシティ』などが国内登場を控えている。

ソース:http://response.jp/article/2014/06/18/225699.html
関連記事

最新記事

スポンサードリンク

オススメ

公式facebook

公式Google+

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。